仕事に対するモチベーションアップ!企業の発展を目指す

仕事をする上で多くの従業員が求めるものランキング

no.1

充実した職場の人間関係

従業員が仕事をする上で求めるものとして筆頭に上がっているのが職場の人間関係の充実です。仕事に従事する上で互いに同じ目的意識を持って取り組める同僚や上司に恵まれていることは誰からも望まれている条件となっています。

no.2

社員を大切にする姿勢

企業の姿勢として社員を一人一人大切にする姿勢があることも求められています。仕事のために酷使する人材としてではなく、仕事に自発的に取り組める一員として認め、活躍の機会を与えられることを望んでいるのが一般的です。

no.3

人材として成長できる環境

将来的には大きな成果を上げたり活躍したりしたいという希望を抱いている従業員は多く、企業に対して成長できる環境を整えることを求める声も大きくなっています。人材としての成長を仕事を通して果たせるようにすることが重要なのです。

職場において不足しがちな5つのポイント

モチベーションを高める機会

仕事に対するモチベーションを高められる機会が不足しているのは多くの職場に共通していることです。仕事をしても達成感が得られず、正当に評価してもらうこともできずにただ当然だと思われてしまっている職場は少なくありません。それが前向きに仕事に取り組む気持ちを削いでしまっていることは企業ではよくある実情です。

部下を見る上司の教育

上に立つ立場の品性や人格、人徳が不足している職場も少なくありません。部下の立場からすると上司が自分のことをよく理解して仕事を共に行うパートナーとして見てくれることを望んでいます。しかし、現実的には使役して上司が望む仕事を実施するための道具としてしか見られていないことも多く、部下の仕事に対する気力を失わせてしまっているのです。

自発的に評価を受ける機会

自分がしっかりとした仕事をしたから評価されるべきだと考えている従業員は必ずいます。しかし、それに上司が気づかずなかったり、自分の成果としてしまったりする場合も少なくありません。従業員の一人一人が自ら評価を受けるために上層部に働きかけられる機会が不足している職場が多く、従業員が不満を募らせる原因となっています。

仕事に集中できる環境

従業員が毎日働いている現場の労働環境が整えられていないこともよくあります。仕事に対して集中できるようにオフィス什器が整えられ、導線を考えたオフィスレイアウトが作り上げられていることはあまりありません。結果的に仕事の能率を低下させることになってしまい、残業や休日出勤を増やす原因になってしまっています。

メリハリのある労働状況の整備

労働状況について問題がある職場は多くなっているのが現状です。私生活と仕事を切り分けてメリハリのある生活を送れる労働状況を整備するための努力が不足していることが多く、残業が頻繁にあって私生活を疎かにしなければならないことがよくあります。仕事を家に持ち帰らなければ終わらないようなオーバーワークの職場も少なくありません。

[PR]

インバウンドの対策をプロが直伝!
夢を叶える手立てがここにあり☆

お得な社員旅行を実現!
業者選びをしっかりと行なおう

一人一人が大切

PC

「エンゲージメントサーベイ」を取り入れる企業が増加中

従業員の求めるものが何かを把握し、職場に不足しているものは何かを従業員の視点から理解するためには意識調査が必要になります。エンゲージメントサーベイを取り入れている企業が増加しているのはその実情を分析するのに適したデータを収集することができるからです。従業員全員に対してエンゲージメントサーベイを実施することにより、従業員が求めている方向性を個々のレベルでも全体の傾向としても把握できるため、適切な対策を講じることが可能になります。

顧客満足度と並行して従業員満足度を高める

エンゲージメントサーベイは顧客満足度を測るための方法としても用いられてきました。しかし、それと並行して従業員に対してエンゲージメントサーベイを行うことにより従業員満足度も高めることも重要になっています。高いモチベーションを持って従業員が働けるように企業側が働きかけていくことで仕事が能率的に進むようになり、企業としての生産性が高まるからです。企業が成長していくための基本として従業員を満足させるという視点が必要になっています。

[PR]

広告募集中